身心一如〜しんじんいちにょ〜 | 曹洞宗・頼忠寺

身心一如〜しんじんいちにょ〜

身心一如・・・しんじんいちにょ
と言う言葉があります。
身と心を一つにする
と言う意味です。

日々の暮らしの中で、繰り返していく行いがあります。
顔を洗うこと。食事をとること。
トイレに入ること。夜寝ること。
こういった行いと、心を一つにしなさいと言うことです。

食事をいただく際、
箸の持ち方、器の扱い方、
食べ物の口への運び方、その量。
その他、多くの作法があります。
その作法に従い食事をいただくわけです。

このように食事に限らず、日常の行いに対し
しっかりと足元を見つめ暮らすことが大切なのです。

まず形を整えれば、自ずと心も備わると思います。
あらためて日常の行いに心を合わせてみてください。